「スカッとゴルフ パンヤ」のクラブ運営、ゲーム「カルドセプト・セカンド」を対象にしたサイト。
トップお小遣い稼ぎ /カルドセプト /パンヤメンバーページ
スポンサーサイト    /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
≪3-5≫    /2006年11月11日(土)
「そろそろ先制アイテムも終わりかしら?」
「最後はどんなアイテムでしょうね~?」
「最後は格好良く決めたいもんやで…(-_-;)」

 ゴブリンたちが あらわれた!

「今回はみゃあとゆみかの番だにゃ~」
「いくで~!!」

 みゃあの カードドロー!

■ラットハンター
コスト:50G
レア度:R
種別:道具
能力:攻撃成功時、相手を『G・ラット』に変身させる。

 ゆみかの カードドロー!

■スリング
コスト:40G
レア度:N
種別:道具
能力:先制付加・ST+10・HP+10

「なんでラットハンターが先制シリーズに出てくるんや?!(゜o゜)」
「それは先制攻撃で変身させれば、敵を弱体化させて防御出来るからなのですぅ~!」
「でも敵のアイテムはそのままだから、巻物攻撃とかは消すことが出来ないのよね~( ̄ヘ ̄;)」
「2回攻撃クリーチャーに持たせると即死コンボも出来るけど、実用的じゃないにゃ~」
「手間掛けて弱体化させても、交換されたらそれまでやし…。使いづらいアイテムやで…」
「ランクはDなので~す。変身させた後の事を考えて使わないと、意味が無いのですぅ……」
「ウチのもイマイチなアイテムやな…」
「それは違うニャ! 先制もついてSTもHPも強化するなんて凄いアイテムなのニャ!」
「そ、そうやろか? ウチは中途半端やと思うんやけど…?」
「そうね~、確かに中途半端だけど、相手がアイテムを持ってない時なら色んな場面で役に立ってくれるわよ?」
「ステータスが10違うだけで生き残れる事もあるのにゃ!(-_☆)」
「でもな~、やっぱり他のアイテムと比べると見劣りするで…(-_-;)」
「ランクはAなのですぅ~。主力にはならないけど、補助としてなら一級品の万能アイテムなのですぅ!」
「ちょっと誉めすぎやないか? まあええわ、ほなウチからいくで~!!」
「先制は任せたにゃ~(^^)/」
「確かコイツは投げればえんやったっけ?」

 ゆみかは スリングを なげた!

「ちょっとゆみかちゃん、違うわよー!! それを使って石を投げなくっちゃ駄目なのよ!(・・;)」
「し、しもうた~! あんまり使わへんアイテムやから間違えてもうたー!!(>_<)」
「ゆみかさん、今日はうっかり屋さんですぅ~(*´∇`*)」
「しょうがないのにゃ~。後はみゃあに任せるのニャ!ヾ(´ー`)ノ」
「それにしても、このラットハンターって笛よね? なんでこれで敵が変身しちゃうのかしら?」
「私もネズミを呼び寄せる笛の伝説は聞いたことありますけど、変身させるなんて聞いたこと無いですよ~?」
「フッフッフッ、それは使ってみれば判るのニャ(゜ー゜)」
「なんかイヤ~な予感がするんやけど……(゜_゜i)」
「それじゃ始めるにゃ~(-_☆)」

 みゃあは ラットハンターを 吹いた!

 ピーヒャラピーヒャラ~パッパパラパ~♪

「なんだか親しみの沸くメロディーですね~(*^^*)」
「だあーーぁ?! マルコはこの曲聴いたらアカン!(ノ゜⊿゜)ノ」
「……ねえねえ、なんかさっきから変な音、聞こえない?」
「そうなんや! 曲の詩にも著作権があるから、無闇に引用したらアカン…」
「そうじゃなくって、なんか遠くから地響きみたいな音がしてこない?」
「あ、あっちから何かがやってくるですぅ!!」

 ドドドドドドドッ……!!

 ネズミの大群が あらわれた!!

「きたきたニャ~(*゜▽゜)ノ」
「きゃぁーー!!(;>_<;)」
「うわぁーー!!(×_×;)」
「きゃぁ! かわいい~(*^^*)」
「喜ぶなーー!(T^T) というか、やっぱりコレはネズミを呼ぶアイテムやったんかー?!」
「まあ、見てるニャ~(= ̄∇ ̄=)」

 ネズミの大群は ゴブリンたちを まきこんだ!

 「ゴブブッーー!?ヾ( ;×o×)〃」

「うわぁ~、まるで川で流されてるみたいですね~」
「……うぅ、あんまり見たくないわ…(T^T)」
「もの凄い威力やな……。でもこの後どうなるんや?!」

 ネズミの大群は 去っていった!

 後には G・ラットが のこっていた!!

「な、なんと?! これは変身アイテムやなくって、敵をG・ラットと入れ替えるアイテムやったんか?!(゜o゜)」
「さすがレア度Rのアイテムですね~、奥が深いですぅ~!」
「なるほどね~。この威力なら100%成功するわけよね~」
「なんか無理やりやな~(・・;) まあ、ゴブリンは倒せたし、これでええっか?」
「ジラチュ~?(X2)」
「…って、このG・ラット達はどないすんねん!!(>_<)」
「あ、協力ありがとだにゃ~。もう帰ってもいいにゃよ?」
「ジ、ジラッチュ!!( ̄^ ̄ゞ 」
「仲間やったんかいっ!?(゜o゜)」
「きっとアイテムで呼んだクリーチャーだから、命令を聞いてくれるんじゃないの?」
「そうなんやろか……?(-_-;)」
「とにかく、これで先制シリーズは終わりですね~」
「そうやな~。さて、次はどうなるんやろか……」
「あれ? なんか足りないような気がするけれど、気のせいかしら??」
「そのとおり、気のせいなのにゃ~( ̄ー ̄)」
「次の敵が待ってるのですぅ!!」
「そろそろ中盤ね。頑張るわよ~!」
「……ありゃ、そういえばアー…むぐぐっ?!」
「シーー、黙ってるほうが良いにゃ(-_☆)」
スポンサーサイト
コメント
▼この記事へのコメント▼
▼コメントを投稿する▼
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。